牡丹と芍薬7つの違い!葉の形や開花時期など簡単な見分け方 ‎

高貴な大輪の花を咲かせ、圧倒的な存在感を誇る牡丹(ボタン)と芍薬(シャクヤク)。幾重にも柔らかく重なる花びらや、ふくよかな咲き姿などが、とてもよく似ています。

どちらもボタン科ボタン属。花だけを見ると見分けがつきませんが、実は明確な違いがあります。牡丹と芍薬の違いを7つ紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

牡丹と芍薬の違い(1)葉の形

牡丹と芍薬の違いで、もっとも分かりやすいのが「葉の形」です。

  • 牡丹・・・・・・・ギザギザの切れ込みが入る。
  • 芍薬・・・・・・・切れ込みはなく、やや丸みを帯びている。

牡丹の場合、葉に切れ込みが入り、ギザギザした形になっています。

一方、芍薬の葉はこちら。比べてみると、牡丹とは葉の形が違うのが一目瞭然ですよね。

花が咲いていない時期なら、まずは葉を確認しましょう。「切れ込みがある?それともない?」というのが、もっとも簡単な牡丹と芍薬の見分け方です。

牡丹と芍薬の違い(2)つぼみの形

つぼみができているなら、「つぼみの形」も牡丹と芍薬を見分けるヒントになります。

  • 牡丹・・・・・・・やや先端がとがっている。
  • 芍薬・・・・・・・丸くきれいな球形。

たとえば、こちらが牡丹のつぼみです。先が少しだけとがっているのが分かりますよね。

そして、こちらが芍薬のつぼみです。

つぼみが閉じているときは、手前のような丸くころんとした形。少しずつほどけながら、開花へと向かいます。

牡丹と芍薬の違い(3)開花時期

牡丹と芍薬の違いには、「開花時期」もあります。

咲くのは、牡丹が先。後を追うようにして、芍薬が咲きます。

  • 牡丹・・・・・・・4月下旬~5月中旬(晩春)
  • 芍薬・・・・・・・5月~6月(初夏)

牡丹は晩春、そして芍薬は初夏。大まかに覚えておくと、分かりやすいですね。

なお牡丹には、冬に咲く寒牡丹や冬牡丹もあります。

牡丹は春だけではなく、冬の雪も似合う花。葉の形にも潔さがあり、和の情緒が漂う花ですね。

牡丹と芍薬の違い(4)香り

牡丹と芍薬の違いを知るには、「香り」もヒントになります。

牡丹と芍薬の見分け方で迷ったら、花の香りを確かめてみてください。牡丹には基本的に香りはありませんが、芍薬はいい香りが漂います。

  • 牡丹・・・・・・・基本的に香りはない。
  • 芍薬・・・・・・・バラに似た爽やかな香りがある。

グリーンフローラル系の優雅な香りは、部屋を甘く爽やかな香りで満たしてくれます。芍薬のシーズンには、ぜひ切り花を飾りたいものですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日比谷花壇】 母の日 2021 花 プレゼント ギフト 花束「芍薬(5本)」
価格:5500円(税込、送料無料) (2021/4/9時点)

楽天で購入

牡丹と芍薬の違い(5)花の散り方

牡丹と芍薬の違いには、「花の散り方」もあります。

牡丹と芍薬、それぞれ次のように散ります。

  • 牡丹・・・・・・・一気に、そして豪快に散る。
  • 芍薬・・・・・・・最後までしがみつきながら、少しずつ散る。

牡丹も芍薬も花びらが多いので、散った後はあたりが花びらでいっぱいになります。

その様子はまるで、ピンクや白の絨毯のよう。散った後も美しい花ですね。

牡丹と芍薬の違い(6)枝分かれの有無

牡丹は木本性(樹木)、芍薬は草本性(草)です。そのため「枝分かれの有無」も、牡丹と芍薬の違いです。

  • 牡丹・・・・・・・幹があり、枝分かれして花を咲かせる。
  • 芍薬・・・・・・・まっすぐに茎を伸び、伸びた茎の先に花を咲かせる。

繰り返しになりますが、牡丹は樹木、芍薬は草です。

そのため牡丹には茶色い幹があり、枝がどんどん伸び、その先に花が咲きます。

芍薬は草なので、枝分かれしません。春に芽吹いた後は、天に向けてまっすぐ茎を伸ばします。

そしてすらりと伸ばした茎の先に、見事な花を咲かせるのです。

牡丹と芍薬の違い(7)冬の越し方

牡丹と芍薬の違い、最後は「冬の越し方」です。

冬にどんな状態になるかで、牡丹と芍薬を見分けることができるのです。

  • 牡丹・・・・・・・木のまま冬を越し、枝から新芽を出す。
  • 芍薬・・・・・・・冬には根を残して枯れ、春にまた新芽を出す。

牡丹は木ですから、冬になっても幹が残ります。でも芍薬は草ですから、いったん地上部は姿を消してしまうのですね。

まとめ

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と並んで称されるように、牡丹と芍薬はよく似ています。でも今回紹介したように、牡丹と芍薬には7つの違いがあります。

牡丹には厳かな和の情緒があり、芍薬には洋テイストが似合う気品があります。違いを知った上で鑑賞すると、さらに美しさが増す気がしますね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする