あやめ・菖蒲・杜若(かきつばた)の違いは?見分け方すっきり

あやめと菖蒲、杜若(かきつばた)。どれもよく似ています。しかも、あやめもしょうぶも漢字で書くと菖蒲。「違いがよく分からない!」という方も多いのではないでしょうか?

実は、花びらの付け根を見れば一目瞭然。見分け方を知っていると、きっと楽しくなります。あやめと菖蒲、杜若の違い、見分け方を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

あやめ・菖蒲・杜若の違い(1)花びらの付け根

あやめと菖蒲、杜若の見分け方で、もっとも分かりやすいのが花びらの付け根を見ること。

「一体どれ?」と迷ったら、花びらの付け根を見てください。見分けるためのサインが見つかります。

  • あやめ・・・・・・・網目状
  • 菖蒲・・・・・・・・・黄色
  • 杜若・・・・・・・・・白い筋

こちらの花は、花びらの付け根に繊細な模様が入っています。このように網目状の模様があればあやめです。

こちらは付け根に黄色い模様があります。付け根が黄色なら菖蒲です。

そしてこちらは、すーっと白い線が通っています。白い筋があれば杜若です。

3つの違いをまとめると、花びらの付け根を見たときに、模様が網目状ならあやめ、黄色い模様が入っているなら菖蒲、白い筋が通っているなら杜若。こうして整理すると、すっきりしますよね!

あやめ・菖蒲・杜若の違い(2)育つ場所

あやめと菖蒲、杜若は、実は育つ場所も違います。

  • あやめ・・・・・・・乾いた場所
  • 杜若・・・・・・・・・水の中
  • 菖蒲・・・・・・・・・湿った場所

あやめと聞くと、水辺のイメージがありませんか?でも実は、乾いた土地で育つ花なんです。

一方、杜若は水を好みます。だから杜若が育つのは、池や沼地など常に水がある場所。水の風景がよく似合いますね。

そして菖蒲は、いわば中間です。

基本的には水辺を好みます。菖蒲が群生して咲く姿は圧巻ですね。

あやめ・菖蒲・杜若の違い(3)咲く時期

あやめと菖蒲、杜若を見分けるなら、咲く時期も一つの目安です。咲く順番に並べると、こうなります。

  • 杜若・・・・・・・5月中旬
  • あやめ・・・・・5月中旬~下旬
  • 菖蒲・・・・・・・6月~7月中旬

杜若とあやめが咲き始めるのは5月中頃。新緑が茂り、夏の気配が漂い始める頃です。

やや遅れるようにして、菖蒲が咲き始めます。菖蒲が咲くのは6月~7月中旬、ちょうど梅雨の時期に当たります。

雨が多い時期に咲く菖蒲は、雨に濡れる姿も優美。紫陽花と一緒に楽しむこともできます。

しかも花期は、およそ1か月。長く咲くのも菖蒲の特徴です。

ポイントをまとめると……

ここまでの内容を整理してみましょう。

あやめは、乾いた土地で育ちます。花びらの付け根を見れば、網目状の模様があるはず。背丈が低めなのも特長の一つ。30~60cmほどと、やや小ぶりです。

菖蒲は、花びらの付け根が黄色く色づいています。梅雨の時期に見頃を迎えるのも、菖蒲の特徴と言えるでしょう。

ちなみに菖蒲は日本人の美意識に合い、古くから愛されてきました。江戸時代から改良が重ねられたのだとか。

花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれています。

(出典)東京花菖蒲会「花菖蒲について」

5000種類とはすごい数ですよね!全国各地に菖蒲園がありますので、梅雨の楽しみにぴったりです。

そして、尾形光琳の『燕子花図屏風』でも知られる杜若。ちなみに「燕子花」も読み方は「かきつばた」です。

杜若は、日本文学にも登場します。平安時代の歌人・在原業平が、「かきつばた」の文字を詠み込んだ「唐衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ」は有名ですね。

杜若は、水の風景が似合う花。花びらの付け根に白い筋がすっと入っているのが目印です。

豆知識!菖蒲湯のショウブは、花菖蒲と別物!?

最後に一つ、豆知識を。菖蒲というと、端午の節句のときに入る「菖蒲湯」を思い浮かべる方も多いでしょう。

でも実はあの菖蒲、ここまで見てきた、いわゆる“花菖蒲”とはまったくの別物なんです。

  • 菖蒲・・・・・・・・・サトイモ科(もしくはショウブ科)
  • 花菖蒲・・・・・・・アヤメ科

そうなんです!菖蒲湯のときに使うのは、サトイモ科(もしくはショウブ科)の植物。花もとても地味で、まるでガマの穂のようなかんじ。

(画像はガマの穂です)

ためしに「菖蒲 サトイモ 花」というキーワードで画像検索してみてください。「え、これが?」と驚かれることでしょう。

まとめ

「何れ菖蒲か杜若」(いずれあやめかかきつばた)という言葉の通り、たしかにあやめと杜若はよく似ています。さらに花菖蒲も入ると、さらに複雑に……。それもそのはず、すべて「アヤメ科アヤメ属」の仲間なんです。

でも、花びらの付け根を見れば、すぐに見分けがつきます。これまで、あやめと菖蒲、杜若の違いが分からず悶々としていた方は、ぜひ見分け方として活用してくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする