チューリップ球根の植え方は?時期や向き、間隔…7つの疑問を解消!

春鮮やかに咲くチューリップは、ガーデニング初心者も育てやすい花です。球根に必要な栄養素が詰まっているため、さほど手間をかけなくても大丈夫。春を迎えると、美しく咲いてくれます。

ところが、いざチューリップの球根を植えようとすると、「植える時期は?間隔は?深さは?」などの素朴な疑問も……。チューリップの植え方にまつわる疑問を7つ取り上げ、解説します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

チューリップの植え方(1)球根を植える時期は?

チューリップの植え方で気になるのが、まずは植え付け時期です。球根自体は9月ごろから出回りますが、いつ植えれば良いのでしょうか?

チューリップは、いわゆる“秋植え球根”。地域差はありますが、球根を植えるベストシーズンは10~12月です。

目安としては“紅葉シーズン”と覚えておくといいでしょう。遅くとも、年内には植え付けを終えてくださいね。

もしも球根の植え付け時期を逃したら、苗から育てるという手もあります。園芸店にチューリップの苗が出るのを待ちましょう。


八重咲チューリップ「 トップリップス」約7球植え 5号鉢 球根 寄せ植え 庭植え ベランダ 花苗

開花間近の苗を買えば、ほどなく花が咲きます。球根から育てるのとは、また違った愉しみがありますね。

ちなみに球根を植え付けても、しばらくは芽が出てきません。もうだめなのかと、球根を掘り返したくなるかもしれません。

でも、ご心配なく。土の中ではちゃんと根が伸びています。1月~2月ごろになれば可愛い芽を出すので、気長に待ってくださいね。

なおチューリップの根は、一度とれてしまうと生えてきません。様子が気になるからと、球根を掘り返すことはやめましょう。

チューリップの植え方(2)植える間隔は?

チューリップの植え方では、植える間隔も気になるポイントです。密に植えすぎても窮屈です。かといって、まばらすぎても物足りないですよね。

チューリップを植える間隔は、花壇に植えるか鉢やプランターに植えるかで変わります。それぞれ見てみましょう。

チューリップを植える間隔(1)花壇に植える場合

まずは花壇に植える場合について。あまり窮屈になりすぎないよう、ある程度のびのびと育てるとキレイです。

球根を植える際は、株間を球根2~3個分開けて植えましょう。長さでいえば、10~15cmが目安です。

チューリップを植える間隔(2)鉢やプランターに植える場合

次に、鉢やプランターなどに植える場合について。花壇ほどスペースがないので、やや密植気味に植えるとまとまりが出ます。

球根を植える際、株間は球根1個分開けて植えましょう。長さでいえば、約5cmが目安です。

チューリップの植え方(3)球根を植える向きは?

球根を植えるおおよその位置が決まったら、次に迷うのが植える向きです。どちらを上にすればいいのでしょうか?

チューリップの球根を植える際、気をつけたい「向き」が2つあります。一つずつ見てみましょう。

チューリップを植える向き(1)尖ったほうを上にする

チューリップの球根を植えるときは、「とがった方を上」にしましょう。

チューリップの球根は、にんにくのような形をしています。花茎が出るのが、先のとがったほうです。必ず上下を確認して、揃えて植えてあげましょう。

チューリップを植える向き(2)平らな面を平行にする

もう一つ、チューリップを植えるときに意識したいのが、「平らな面を平行にする」ということです。

球根を上から見てください。実はまん丸ではありません。平らな部分があり、反対側がふくらんでいます。

植えるときには、平らな面が平行になるように植え付けましょう。葉の出方がそろうので重なり合わず、整然と美しく咲きそろいます。

チューリップの植え方(4)植える深さはどれぐらい?

チューリップの植える向きが決まりました。いよいよ植え付けです。次に気になるのが、チューリップの球根を植える深さです。

チューリップを植える深さも、花壇に植えるのか、それとも鉢やプランターなどに植えるかでやや異なります。

チューリップを植える深さ(1)花壇に植える場合

花壇に植える場合は、いわゆる“深植え”です。

目安としては、球根3個分の深さ。違う言い方をすれば、球根2個分(約10cm)の土がかぶるイメージで植えましょう。

植えた後、冬の間にぐんぐんと根を伸ばします。根が張りやすいように、植える前に土を耕してあげてくださいね。

チューリップを植える深さ(2)鉢やプランターに植える場合

鉢やプランターに植える場合は、いわゆる“浅植え”です。球根1個分(約5cm)の土がかぶるイメージで植えましょう。

鉢やプランターの場合、根を伸ばせる深さが限られています。根が伸びるスペースを残すためにも、浅植えにしておくのが基本です。

チューリップの植え方(5)鉢やプランターの置き場所は?

チューリップは、日光が大好きです。鉢やプランターに植えたら、日当たりの良い場所に置いてあげましょう。

もう一つ意識したいのが“寒さ”です。チューリップにとって、冬の寒さは大事な要素。寒さにあたることで、春美しい花を咲かせます。

鉢やプランターに植えた場合、外で育てましょう。雨に当たる場所に置いておけば、水やりの手間も省けます。

ただし晴天が続き、表面の土が乾いている場合は、しっかり水をあげてくださいね。

チューリップの植え方(6)植えた後、水やりは?

チューリップの植え付けが終わったら、春までお世話が始まります。水をたっぷりあげたほうがいいのか、さほど必要ないのか気になりますね。

チューリップは乾燥が苦手です。鉢やプランターに植えた場合は、水やりを忘れないようにしましょう。花壇などに地植えした場合は、基本的に雨任せで大丈夫です。

チューリップの植え方(7)植えた後、肥料は必要?

植えた後、肥料をあげたほうがいいのか、迷いますね。チューリップは芽吹くまでに時間がかかるので、特に気になる方も多いことでしょう。

肥料は特に必要ありません。チューリップは球根の中に、必要な栄養を溜め込んでいるからです。

芽吹きまでやきもきしますが、寒さが緩むとひょこりと芽が顔を出します。初めてのお目見えを愉しみに、心静かに待ちたいものですね。

まとめ

チューリップは、赤や白、黄色をはじめ、清楚なピンクやシックな紫など、花色もさまざま。一重咲きの他、豪華な八重咲や可愛いフリンジ咲きもあります。

チューリップが咲くまでのお世話は、基本的に水やりだけ。球根に栄養が詰まっているので、特に肥料を与える必要はありません。

ただし、チューリップが芽吹きのときを快適に迎えられるよう、土作りは大事。フカフカの園芸用土を使いましょう。チューリップ専用の土を使うと、なお理想です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆プロトリーフ チューリップの土 12リットル
価格:1000円(税込、送料別) (2018/2/24時点)