活力剤とは?肥料と活力剤の違い、おすすめを紹介します

10本ぐらいセットになった、緑色の「活力剤」。土に差し込むだけなので使うのが簡単。園芸店やホームセンターなどで売られていて、購入も手軽です。

でも、活力剤を肥料がわりにしていませんか?実は、肥料と活力剤は別物。大事な植物をすくすく育てるためにも、肥料と活力剤の違いを整理しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

肥料と活力剤の違い

何となく似ている肥料と活力剤。でも、含まれている成分や役割が違います。

肥料と活力剤の大きな違いは、「窒素・リン酸・カリが一定以上含まれているか?」ということ。一定以上含むものが「肥料」、含まないものが「活力剤」に分類されます。

ちなみに「窒素・リン酸・カリ」は、植物の生長には欠かせない栄養素。「肥料の三要素」とも呼ばれます。

肥料の三要素
・窒素   (N)・・・・・・・ 葉を元気にする。
・リン酸(P)・・・・・・・ 花を咲かせ、実をつけるのを助ける。
・カリ   (K)・・・・・・・ 根の発育に働きかける。

この三つの栄養があることで、植物は土の中に根をしっかり張り、葉を茂らせ、立派な花を咲かせることができるのです。どれも大事な栄養だということが分かりますよね。

では、肥料の三要素を肥料ほど含まない活力剤は、役に立たないのでしょうか?もちろんそんなことはありません!

窒素やリン酸、カリ以外にも、植物の成長に必要な栄養はたくさんあります。例えば鉄やマンガン、ホウ素などの微量要素、ビタミン類……こうした成分を適量配合しているのが活力剤なんです。

肥料もちゃんと使っている、水やりのタイミングや量も問題なし、それなのに葉っぱに元気がない、花が咲かない……そんなときは、微量要素が不足しているのかもしれません。活力剤を使って、栄養を補ってあげましょう。

じゃあ、肥料と活力剤の使い分けは?

元気に育てる上では、どちらも重要な肥料と活力剤。では、どう使い分ければいいのでしょうか?

大まかに言えば、しっかり成長させたいときは肥料を使うのが良いでしょう。そして、ちょっと弱っているときは活力剤の出番です。

肥料の三要素をたっぷり含む肥料は、いわば“栄養たっぷりの食事”。そして活力剤は、“調子を整えてくれるサプリメント”のような存在です。

私たちが生きていく上で、身体をつくり、エネルギーを生み出す食事は欠かせません。でも普段の食事だけでは、必要な栄養が補いきれないことも……。時にはサプリメントで栄養を補うことで、身体の調子が整うこともあります。

とはいえ、もちろんサプリメントだけに頼ってもダメ。十分な栄養を摂ることができません。要はタイミングとバランスが重要。肥料と活力剤も同じです。

ですから、「成長期・開花期・開花後・切り戻し後」など、植物がどんどん成長しているときは、肥料を使いましょう。

一方で、「元気がないとき・植え替え直後・病害虫の被害にあったとき」などは、弱っている時期。肥料を与えると逆効果になりかねません。活力剤を使って、元気を取り戻してあげましょう。

活力剤のおすすめ

活力剤には、大きく分けて「アンプルタイプ」と「ボトルタイプ」があります。手軽に使いたいならアンプルタイプ、大量に使いたいならボトルタイプがおすすめです。

(1)手軽に使いたいなら「アンプル」タイプ

土に挿すだけで使える手軽さが魅力です。使い切りタイプなので計量不要、薄める手間もありません。

よく10本セットのものが売られていますが、なにぶん便利なので、意外とよく使います。わが家でも小学生の息子が「ハイビスカスの鉢に挿してきていい?」「ちょっと花壇のシクラメン元気がないかも……」と大量消費します。

いざ使おうと思ったときに「ない!」。そんな事態を防ぐためには、まとめて買っておくと便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【エントリーでポイント10倍】植物活力剤 33ml×21P【2022/7/4 20時 – 7/11 1時59分】
価格:222円(税込、送料別) (2022/7/7時点)

楽天で購入

(2)たっぷり使いたいなら「ボトル」タイプ

ボトルタイプは、使用前に水で薄める必要があります。アンプルタイプと比べてやや手間は増えますが、大量に入っているので、たっぷり使いたい方におすすめです。

おすすめ活力剤(1)リキダス

リキダスは、根にダイレクトに働きかける即効性が魅力。植え付け後にすぐ与えておくと、根の張りが違います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイポネックス リキダス450ml 植物が本来持ってる力を引き出す 活力液 植物活力剤
価格:696円(税込、送料別) (2022/7/7時点)

楽天で購入

おすすめ活力剤(2)メネデール

メネデールも、根を出させることが得意な活力剤です。植え付けや植え替え時、弱っているときにも活躍します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メネデール 植物活性素 500mL 関東当日便
価格:1021円(税込、送料別) (2022/7/7時点)

楽天で購入

おすすめ活力剤(3)HB-101

杉やヒノキ、松などから抽出したエキス配合。100%植物性なので、お子さまがいるご家庭や、野菜の減農薬栽培や有機栽培にもぴったりです。

まとめ

似ているようで、実は違う肥料と活力剤。見てきたように、含まれる成分や効果が違います。適切なタイミングに正しく使うことが大切です。

肥料でたっぷりと“食事”を与えて、活力剤で調子を整えてあげましょう。きっと元気に育つはずです。