さつきとつつじの違いは?開花時期や花の大きさなど5つの見分け方

桜が散った後、つつじの花が街路や庭をあでやかに染め上げます。でも、「つつじだと思うけど、さつきかも?」と迷ったことはありませんか?

さつきとつつじの違いは、「開花時期」「花の大きさ」「葉の大きさ」をはじめ、5つのポイントがあります。さつきとつつじの見分け方をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

さつきとつつじの違い(1)開花時期

さつきとつつじの違いで、もっとも分かりやすいのが「開花時期」です。

先につつじが咲き、追いかけるようにしてさつきが咲きます。地域によって差はありますが、それぞれの開花時期は次の通りです。

  • ツツジ・・・・・4月中旬~5月中旬
  • サツキ・・・・・5月下旬~6月中旬

つつじが咲くのは、4月から5月。桜が葉桜になると、つつじが咲く……そんなタイミングです。

一方のさつきが咲くのは、5月から6月。つつじが咲き終えたのを見届けたかのように、さつきが咲き始めます。

桜の名残を感じる4月に咲いたらツツジ、初夏を感じる5月に咲き始めたらサツキと覚えておくと、いいですね。

さつきとつつじの違い(2)花の大きさや咲き方

さつきとつつじは、花の大きさや咲き方も違います。

  • ツツジ・・・・・大ぶりで豪華な花が、一斉に咲く。
  • サツキ・・・・・小ぶりで愛らしい花が、時間をかけて咲き進む。

つつじの花はとても立派。しかも一斉に咲き、あたりを明るくしてくれます。

一方、さつきの花はやや小ぶり。その分たくさんの花を咲かせて、控えめな美しさです。

さつきとつつじの違い(3)葉の大きさや触り心地

花の大きさが違うように、さつきとつつじは葉の大きさも触り心地も異なります。

  • ツツジ・・・・・大ぶりで長さ3~8cm、柔らかめ。
  • サツキ・・・・・小ぶりで長さ2~3cm、やや硬め。

花が咲いていない時期なら、葉の大きさで見分けるのが一番分かりやすいでしょう。たとえばつつじの葉は、大ぶりです。

そしてさつきは、小さな葉がたくさんついています。

触り心地も異なり、柔らかめならつつじ、やや硬めならさつきです。

またつつじの葉には毛が密集して生えているので、服にくっつきやすいという特徴もあります。

さつきとつつじの違い(4)葉が出るタイミング

さつきもつつじも、新しい葉が出るのはどちらも5月。ただし、「花が先か?葉が先か?」が異なるのです。

  • ツツジ・・・・・「花→葉」の順。花が散ってから葉が出る。
  • サツキ・・・・・「葉→花」の順。葉が出てから花が咲く。

どちらも葉が出るのは同じ時期。でも花と葉、どちらが先かが違うので、開花時期が異なるのですね。

さつきとつつじの違い(5)おしべの数

花が咲いている時期なら、おしべの数を調べてみてください。さつきとつつじは、おしべの数が異なります。

  • ツツジ・・・・・5~10本。
  • サツキ・・・・・5本。

個体差はありますが、ツツジはおしべが多め。6本以上あれば、さつきではなくつつじだと分かりますね。

まとめ

さつきとつつじは、見た目がとてもよく似ています。それもそのはず、さつきの正式名称は「サツキツツジ」。そう、つつじの仲間なんです。

さつきとつつじの違いを知らなくても、美しさには変わりありません。でも見分け方を知っていたら、もっと美しさに近づける気がしますね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする