プリムラ人気5種類!小柄なジュリアン&段咲きマラコイデスなど!

花が少なくなる冬から春。ひときわカラフルな花色をもつプリムラは、冬のガーデニングで人気の花の一つです。冬の花壇や寄せ植えなどに使えば、ぱっと明るく華やかになります。

プリムラは品種が多く、その数500種以上。小柄なプリムラ・ジュリアンや、一回り大きいプリムラ・ポリアンサ、そして段咲きのプリムラ・マラコイデスなど、主なプリムラ5種類を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

プリムラとは?個性的な5種類がそろいます

プリムラとは、サクラソウ科サクラソウ属の植物です。プリムラという名前は、ラテン語の“primus”(最初)からきたもの。春に先駆けて咲くことから、プリムラと名付けられました。

主なプリムラの種類には、次の5つがあります。

  • プリムラ・ジュリアン
  • プリムラ・ポリアンサ
  • プリムラ・マラコイデス
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・シネンシス

プリムラは品種ごとに個性がさまざま。プリムラと聞いて連想するカラフルな種類はもちろん、ふんわり淡い色合いのものもあります。

また、よく見かける横に花を広げるプリムラもあれば、段状に重なって咲く立体的なプリムラの種類もあります。

春を告げる花、プリムラの魅力を存分に愉しみたいものですね。一般的なプリムラ・ジュリアンから順に、一つずつ見てみましょう。

■プリムラの種類(1)カラフルな小輪が愛らしい「プリムラ・ジュリアン」

プリムラ・ジュリアンは、冬の花壇や寄せ植えで人気の花です。

その魅力は何と言っても、赤やピンク、白に黄色といったポップな色彩です。小型で可憐な雰囲気も魅力ですね。

プリムラ・ジュリアンは、二つの品種を掛け合わせて作られました。

一つは、背丈の低い「プリムラ・ジュリエ」という品種。そしてもう一つが、大きな花を咲かせる「プリムラ・ポリアンサ」。

そう、プリムラジュリアンは、両方のいいとこどりをした品種です。コンパクトにまとまりつつ、花自体の大きさはしっかり。そして、花のまわりを鮮やかなグリーンの葉が縁取ります。

ヨーロッパ原産であるプリムラ・ジュリアンは、寒い中でも元気。ガーデニング初心者にも育てやすい品種です。

ぜひ冬の花壇や寄せ植えに、プリムラ・ジュリアンを使ってみてください。ぱっと明るく華やかな世界観が生まれます。

プリムラ・ジュリアンは色数が多くそろっていて、“黒以外はすべてある”と言われるほど。きっと好きな色や、イメージに合う色と出会えるはずです。

コンパクトにまとまるので、「育てるうちに大きくなりすぎた……」ということがありません。その分、最初からある程度ぎゅっと詰める間隔で植えておきましょう。

最近では、フリル咲きや八重咲き、バラ咲きなど、花姿が印象的なプリムラ・ジュリアンも増えています。さらには、シックな渋い色合いが印象的なプリムラ・ジュリアンも。


プリムラ 「シャビー」 3寸ポット苗 花苗 リース 寄せ植え シック

渋いシャビ―カラーが、従来のプリムラ・ジュリアンとは異なる表情を見せてくれますね。同じくシックな色合いをもつカラーリーフと合わせると、落ち着いた雰囲気が愉しめます。

プリムラ・ジュリアンを使った冬の寄せ植えを作るコツは、別記事で詳しく紹介しています。ぜひ併せてご覧くださいね。

冬の間中、カラフルな色彩の花を次々と咲かせてくれるプリムラジュリアン。パンジーやビオラと並び寒さに強い花の一つ。冬から春に咲く花として、冬の...

プリムラの種類(2)カラフルな大輪が見事な「プリムラ・ポリアンサ」

プリムラ・ポリアンサは、プリムラ・ジュリアンの大輪タイプです。厳密に言えば他にも違いはありますが、現在では「小輪の花がジュリアン、大輪の花がポリアンサ」と分類されるのが一般的です。

短めの花茎を伸ばし、株元で咲く大輪の花はとても見事。プリムラ・ジュリアンと同じく、冬の花壇や寄せ植えで活躍します。

ポップな色彩なので、花壇がアートを描いたキャンバスのようになり、見ごたえがあります。

同じ色のトーンでまとめたり、さまざまな色合いを配してポップに仕上げたり。また、黄色と紫のように補色を使うことで、印象的な花壇に仕上げることもできます。

花が少なくなる冬から春。園芸店で必ずといっていいほど売られている花なので、ぜひとも取り入れたい花の一つです。

プリムラの種類(3)段状に花を咲かせる「プリムラ・マラコイデス」

プリムラ・マラコイデスも、早春の花として人気のプリムラです。

株元で咲くのではなく、いわゆる段咲きタイプ。細い花茎を伸ばし、細かく繊細な花が段をなしながら咲きます。

小花が鈴なりに咲くさまは、とても可憐。花壇やプランターに植えると、春風を想わせる優しげな雰囲気です。

ちなみに、プリムラ・マラコイデスの和名は「化粧桜」(ケショウザクラ)。この名前は、葉に白い粉がかぶっていることに由来します。

化粧をほどこした、ひと足先に咲く桜。とても風流な名前ですね。にぎやかに可憐な花が咲くさまは、たしかに日本の春の風景を想わせます。

プリムラ・マラコイデスの中で、近年人気を集めているのが、「ウィンティ」です。


サントリーSUNTORY・プリムラ・マラコイデス(サクラソウ)ウインティー(選べる5色)【3.5号・10.5cmポット苗】

ウィンティは、『サントリーフラワーズ』が作った花。キャッチコピーの「優しい色合いに、ふんわり草姿」の言葉通り、パステル調の花が優しく咲き溢れます。

ウインティー(サクラソウ科プリムラ属)の商品ページです。厳冬期のガーデニングアイテムとして大活躍!開花時期が長く、半日陰でも楽しめます。

ウィンティは色も豊富です。たとえば、アンティークな色調が印象的な「ピンク」。このピーチピンクは、イエローグリーンへと咲き進むのだそう。


プリムラ・マラコイデス 「ウィンティーピーチ」 5号鉢 花保ち抜群 花苗 鉢花

他には、「ライムグリーン」も。美しい花のシャワーが降り注ぐかのような華やかさがあります。玄関先に置くだけで空気まで軽やかになり、春を運んできてくれそうですね。


プリムラ・マラコイデス 「ウィンティーライムグリーン」 4号鉢 花保ち抜群 花苗 鉢花

さらに、ほんのり優しい「サクラ」や、透明感のある淡い紫色が印象的な「ダブルライラック」もあります。

Wライラックは、咲き進むと淡いピンクになります。淡い紫色とピンク。お互いが交じり合う美しいグラデーションは、想像しただけでうっとりしてしまいます。

ウィンティがガーデニング好きの方から人気を集めるのは、美しい花色や花姿だけではありません。花もちがいい上に、なんと半日陰でも愉しめるのです!

冬の半日陰は特にさみしくなりがち。ウィンティがあれば、ずいぶん明るく優しげな空間に生まれ変わりますね。

プリムラの種類(4)室内の鉢花として人気の「プリムラ・オブコニカ」

プリムラ・オブコニカは、室内の弱い光でも咲くため、室内の鉢花として人気のプリムラです。

プリムラ・オブコニカの花は、大ぶりでボリュームがあります。ただし花姿は、まるで日本のサクラソウのよう。とても上品な雰囲気です。

プリムラ・オブコニカが人気を集める理由は、次々と大輪を咲かせるから。いったん咲き始めると、葉の間から次々と花茎を伸ばし、長い間愉しめるのです。

寒い季節、室内にプリムラ・オブコニカがひと鉢あると、見るたびに幸せな気持ちになれそうですね。

ただし注意したいのが、プリムラ・オブコニカが持つ“プリミン”という成分。体質によってはかぶれを引き起こすため、注意が必要です。

近年では、品種改良によってプリミンをほぼ含まないプリムラ・オブコニカも登場しています。

たとえば、オランダのスクーネベルド社が育成した「タッチ・ミー」シリーズ。ほぼプリミンを含まず、お肌が敏感な方も安心です。

タッチミーシリーズの中で、人気を集めているのがコチラ。「プリムラ・オブコニカ・プリカント」です。


【矢祭園芸】プリムラ・オブコニカ「プリカント」(選べる3色)【3.5号・10.5cmポット苗】

アンティークカラーの落ち着いた花色がとても魅力的ですね。シックな赤やライムグリーン、ニュアンスカラーのブルー(パープル)など、全3色がそろっています。

インテリアに合わせて、シックな鉢花を室内に飾りたい……という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

プリムラの種類(5)「プリムラ・シネンシス」

プリムラ・シネンシスは、桜のような花びらをもつステラタ系の品種が人気を集めています。花茎の先に、輪状に咲く花姿が印象的ですね。

純白の花色を持つプリムラ・シネンシスは、清楚で優しげな雰囲気です。手のひら型に切れ込んだ、ユニークな葉の形にも個性が感じられます。

葉色は、オリーブのような色味。桜を想わせる花びらとセットになると、野趣に富んだ雰囲気です。モダンな和庭とも合わせやすいプリムラの種類です。

見慣れたカラフルなプリムラの印象が強いと、何だか物足りない……そんな風に感じるかもしれません。

でもプリムラ・シネンシスには素朴で愛らしい風情があり、見れば見るほど魅了されてしまいます。

素焼きの鉢に植えてみたり、花壇の縁にそっと植えてみたり。さりげない可愛さを愉しみたい方は、ぜひプリムラ・シネンシスを探してみてくださいね。

プリムラ5種類、一体どれを選べばいい?

ここまで代表的なプリムラ5種類を紹介してきました。「一体どれを選べばいい?」という方のために、選ぶ基準をお伝えします。ポイントは、プリムラの「色」と「背丈」です。

プリムラの選び方(1)カラフル?それとも淡い色?

ガーデニングで育てたいプリムラは、カラフルな品種でしょうか?それとも、可憐な色合いのものでしょうか?

プリムラといえば、まるで絵本の世界のようなカラフルなイメージですね。でも、ここまで見てきたように、すべてのプリムラがカラフルというわけではありません。

プリムラの種類は、よく知っているカラフルな品種と、可憐な雰囲気の品種に大きく分かれます。

豊かな色彩をもつプリムラは、ヨーロッパ生まれ。たとえば、プリムラ・ジュリアンとプリムラ・ポリアンサは、ヨーロッパ原種でカラフルな色彩を持っています。

赤やピンク、オレンジ、青、紫など。まるでカラフルなキャンディのような、ポップな色のプリムラをお探しなら、プリムラ・ジュリアンやプリムラ・ポリアンサがおすすめです。

一方、アジアの低地に自生するプリムラは、可憐な印象。プリムラ・マラコイデスやプリムラ・オブコニカ、プリムラ・シネンシスなどの中から探しましょう。

プリムラの選び方(2)背丈は低め?それともやや高め?

冬の花壇や寄せ植えに取り入れたいプリムラは、背丈が低めの品種でしょうか?それとも、やや高めの品種でしょうか?

背丈が低めの品種を使いたいなら、花茎が伸びないタイプを選びましょう。

たとえば、プリムラ・ジュリアンやプリムラ・ポリアンサは、花茎がさほど伸びません。葉の上でまとまって花を咲かせるので、株をコンパクトにまとめることができます。

一方、背丈がやや高めの品種を使いたいなら、段咲きタイプや花茎が伸びるタイプのプリムラを選びましょう。

段咲きタイプならプリムラ・マラコイデスが代表品種です。花茎が伸びるタイプには、プリムラ・オブコニカやプリムラ・シネンシスがあります。

それぞれに個性があるプリムラの数々。春を待ちわびる冬から早春にかけ、存分に魅力を愉しみたいものですね。

まとめ

プリムラはラテン語の「最初」の意味の通り、冬から春にかけて咲く花。冬の花壇や寄せ植えでたくさん咲かせると、春が待ち遠しくなります。

プリムラは人気があるため、毎年新しい品種が出てくる花でもあります。定番のプリムラはもちろん、新たなカラーや表情のプリムラを探すのもまた、愉しいひとときですね。