冬の寄せ植えのまとめ役!小花スイートアリッサム5つの魅力と活用法

清楚な小花を密集させて咲くスイートアリッサムは、冬の寄せ植えの可愛い“まとめ役”。主役の花を引き立てながら、全体を品良くまとめてくれます。何より、スイートアリッサム自体がとても愛らしいのです。

冬の寄せ植えづくりを愉しむためにも、スイートアリッサムの魅力や、可愛さを生かす植え方などを知っておきたいものですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

冬に咲く可愛い小花スイートアリッサム

小花が肩を寄せ合うようにたくさん咲き、こんもりと生い茂る姿が愛らしいスイートアリッサム。ガーデニング初心者でも冬に育てやすい花として、人気を集めています。

冬から春に咲く花・スイートアリッサムには、主役の花のような華やかさはありません。でも、冬の寄せ植えに欠かせない花の一つです。

スイートアリッサムは、いわば“まとめ役”。うまく使うことで他の草花の美しさを引き出し、全体のバランスも整えてくれます。

スイートアリッサムのシーズンは、冬から春。シーズンになれば園芸店に苗が並び、手頃な価格で手に入れることができます。ぜひ冬の寄せ植えで、存分に活用したいものですね。

育てるほどに愛しくなる!スイートアリッサム5つの魅力

スイートアリッサムを冬の寄せ植えで使っていて感じるのは、知れば知るほど魅了されるということ。その主な理由は次の5つです。

  • 清楚な小花が可愛い
  • どんな花とも合う
  • 愛らしい花色が豊富
  • ほんのり甘い香り
  • 手がかからない

それぞれについて見てみましょう。

1. 清楚な小花が可愛い!

スイートアリッサムの魅力は、何と言っても清楚な小花の可愛さにあります。

風が吹くと、そよそよ繊細に揺れる小さく可憐な花は、まるで粉雪のよう。そして小花を密集させて咲くさまも、何ともまた心憎いのです。

スイートアリッサムがこんもり茂ると、ミニチュアの花束のよう。純粋な美しさを宿した姿に、つい見とれてしまいます。

清楚とはいえ存在感もあります。冬の寄せ植えの中で可憐に、そして品のよい存在感を主張してくれます。

2. どんな花とも合う!

スイートアリッサムは主張しすぎない小花なので、どんな花とも合います。特に、同じ時期に咲く冬の花、パンジーやビオラとの相性は抜群です。


ビオラのハンギングバスケット寄せ植え「アクアブルー」(シンプル) 開花期:今から春まで(ハンギング/寄せ植え/秋/冬/セット/ギフト/花/フラワー/誕生日プレゼント

ふわりと花開くパンジーやビオラと、小花が密集するスイートアリッサム。合わせると、花姿のコントラストが生きた、バランスのいい冬の寄せ植えが完成します。

まずはパンジーやビオラと合わせてみる。すると、違う花とも合わせてみたくなる。どんどん愉しみ方が広がるのも、スイートアリッサムの魅力です。

冬に寄せ植えを作るなら、寒さに強い花を選ぶことがポイント。ガーデニング初心者でも育てやすいパンジーとビオラ、ガーデンシクラメンの3種がおすす...

3. 愛らしい花色がたくさんある!

よく見かける白いスイートアリッサムは、「カーペット・オブ・スノー」と呼ばれる品種です。“雪の絨毯”とは、風流な名前ですね!

実は、スイートアリッサムの花色は、白だけではありません。愛らしい花色の品種がそろうのも、スイートアリッサムの魅力の一つです。

たとえば、ピンクやパープルなど優しい色合いの「パステル・カーペット」。そして、黄色やアプリコットといった花を咲かせる「シュガー・コート」などの品種もあります。


草花の苗/アリッサム:ミックス3.5号3株セット

私も優しい色合いのスイートアリッサムが大好きで、見かけるとついまとめて買ってしまいます。

どの色も愛らしい色合いなので、冬に咲くカラフルな花とよく合います。スイートアリッサム同士を合わせても、グラデーションが美しくて。冬の寄せ植えに、春を想わせる明るさを添えてくれます。

スイートアリッサムといえば、白い花色が一般的です。でも、ぜひ花色の異なるスイートアリッサムも使ってみてください。ますますスイートアリッサムの可愛さのとりこになるはずです。

4. ほんのり甘い香り

ふわりと漂う甘い香りも、スイートアリッサムの魅力の一つです。

寄せ植えに顔を近づけると、濃厚な蜂蜜を想わせる、甘くて優しい香り。まさに“スイート”の名前の通り。春の野原にいるような気分になって、春が恋しくなります。

濃厚な蜂蜜と言っても、香りがあたりに充満するわけではありません。あくまで花の近くに濃密に漂うような……そんな控えめな香りもまた、小花ならではの奥ゆかしさです。

5. 手がかからない

あまり手がかからないのも、スイートアリッサムの魅力です。乾かし気味で大丈夫なので、ガーデニング初心者でも、安心して寄せ植えに使うことができます。

ただし、日当たりと植え付け、この2つだけは注意が必要です。詳しく見てみましょう。

1)なるべく日の当たる場所で育てる

まずは日当たりについて。日向が理想ですが、半日蔭でも育ちます。ただし、こんもりと茂らせるなら日向がおすすめです。

気をつけたいのが、鉢を半日蔭に置いているケース。たまには十分に日光浴させてあげてくださいね。きっと花や葉にも張りが戻り、元気になるはずです。

2)植え付けのとき、根は触らない!

次に、植え付けについて。スイートアリッサムは根がとても繊細です。ポット苗から出したら、根を崩さず、すばやく植え込んであげてください。

またあまりに寒い日に植え付けると、根に大きな負担がかかります。あまり寒くない日、できるだけ陽光が心地いい時間帯に植えてあげてくださいね。

スイートアリッサムの可愛さを生かすには?

冬の寄せ植えでスイートアリッサムの可愛さを生かすには、次の2つの場所がおすすめです。

  • 鉢やプランターの縁
  • 主役どうしのすき間

一つずつ詳しく見てみましょう。

1. 鉢やプランターの縁

スイートアリッサムを冬の寄せ植えに使うなら、まずは鉢やプランターの縁に使ってみてください。

スイートアリッサムは、ある程度の草丈になると、その後は枝垂れるように育ちます。鉢やプランターの縁に植えておくと、縁を隠しながら花を咲かせ、とてもナチュラルな美しさです。

2. 主役どうしのすき間

スイートアリッサムを冬の寄せ植えに使うなら、主役どうしのすき間もおすすめです。

寄せ植えで主役級の花だけを植えても、何だかうまくまとまりませんよね。色がうまくつながらなかったり、花姿が主張しすぎてバラバラだったり……。

そんな“すき間”で、スイートアリッサムは本領を発揮してくれます。メインとなる花の間に、スイートアリッサムをはさんでみましょう。


パンジー&ビオラのハンギングバスケット寄せ植え「SKY (スカイ)」(Mサイズアレンジ)開花期:今から春まで(ハンギング/寄せ植え/秋/冬/セット/ギフト/花/フラワー/誕生日プレゼント

ただしポイントは、あくまで“すき間を埋める”感覚です。

スイートアリッサム自体も可愛い花ですが、他の花を引き立てることが得意な控えめな花です。量を増やしすぎず、ほどよく使うことで、お互いの魅力がアップします。

増えたスイートアリッサム、その後はどうすればいい?

育てやすいスイートアリッサムは、次第にカーペット状に広がって、美しい小花の絨毯になります。ふと迷うのが春の終わりです。

そろそろパンジーやビオラなど、一緒に植えた花の見頃も終わり。でも、スイートアリッサムは鉢やプランターからこぼれんばかりに咲き、いたって元気。

「さてどうしよう、切り戻しておけばいいの?」などと考えますよね。

スイートアリッサムは、本来は多年草です。切り戻して夏の強い日光を避ければ、夏越しも可能です。でもなにぶん高温多湿が苦手。そのため、一年草として扱うことが一般的です。

もしも夏をまたいでスイートアリッサムを育てたいなら、スーパーアリッサムを選んでおきましょう。


スーパーアリッサム スノープリンセス

スーパーアリッサムとは、アリッサムの品種改良によって生まれた、夏越しも可能な丈夫な品種です。ただしその分、生育が旺盛です。株姿を保つためにも、適宜切り戻してあげてくださいね。

ところで、アリッサムとスイートアリッサムの違いは?

スーパーアリッサムを紹介しましたが、スイートアリッサムは、しばしば「アリッサム」という名前で売られています。

「スイートアリッサムとアリッサムの違いは?」「別の花?それとも同じ花?」と気になっていました。

調べてみたところ、本来スイートアリッサムとアリッサムは別の花。少し専門的な話になってしまいますが、スイートアリッサムとアリッサムには、こんな違いがありました。

  • アリッサム・・・・・・・・・・・・・・アブラナ科・アレチナズナ属(アリッサム属)
  • スイートアリッサム・・・・・・アブラナ科・ニワナズナ属(ロブラリア属)

同じアブラナ科ではあるものの、少し異なるのですね。ただしまったく違うかというと、やはり似ています。共通するのは、どちらも「〇〇ナズナ属」だということです。

ナズナと言えば、そう!「せり、なずな、ごぎょう、はこべら……」と、春の七草でもおなじみの“ナズナ”です!ぺんぺん草といった方が、なじみ深いかもしれませんね。

たしかにスイートアリッサムとナズナを見比べると、花の雰囲気が似ています。大好きな花スイートアリッサムが、ナズナの仲間だったとは!

スイートアリッサムに惹かれるのは、幼い頃の幸せな春の光景を連想するからかも……ふとそんなことを想いました。これから野に咲くナズナを見るのが、愉しみになりそうです。

さて、話がそれたので、アリッサムとスイートアリッサムの違いに話を戻します。

アリッサムとスイートアリッサム、本来は別物です。ただし園芸店で「アリッサム」として売られているものも、多くの場合はスイートアリッサムなのだとか。

では、いわゆる「アリッサム」はどのようなものかと言うと……

正真正銘のアリッサム(Alyssum)の一つとしては、明るい黄色の花を咲かせるアリッサム・モンタナム(Alyssum montanum)が知られており、ロックガーデンに適します。

(引用)NHK出版 みんなの趣味の園芸「アリッサムの基本情報」

写真を見てみると、可憐なスイートアリッサムとはやや異なり、大らかで野趣に富んだ雰囲気の花。少し菜の花に似ているでしょうか?

ヨーロッパでは、ロックガーデンで育つ植物として一般的に知られているそうです。たしかに、岩肌の深い色合いや、荒々しくも静けさを感じる表情とよく合いそう。

一言でアリッサムといっても、雪の絨毯を想わせる真っ白なものや、優しく淡い色合いのもの、さらには岩肌が似合うものも。しかも慣れ親しんだナズナの仲間と知り、ますます恋しくなった次第です。

まとめ

清楚な花を密集させて咲かせるスイートアリッサムは、貴重な“まとめ役”です。

別記事「寄せ植えの作り方とコツ!初心者でも簡単!7つの基本まとめ」でも紹介している通り、まとめ役は寄せ植え全体を調和させる大事な存在。うまく使うことが、寄せ植え作りのコツの一つです。

最近では花色も豊富で、珍しい斑入りタイプの葉をもつスーパーアリッサムも登場しています。ぜひ鉢やプランターの縁、主役の花のすき間などで、可愛いスイートアリッサムを活用してみてくださいね。